情報管理基準

この「情報管理基準」は、化学総連に集積された組織・個人情報を厳格に管理するために定めるものとする。

1.基本的考え方

(1)組織・個人情報の収集
1 
 化学総連は、組織・個人情報の収集にあたっては、収集目的を明確に定めるものとし、その目的を達成するために必要な限度において収集するものとする。
2   その際、個人情報については必ず本人に利用目的を通知する。また、個人情報を本人以外から収集しようとする時は、本人の同意があることを条件とする。

(2)組織・個人情報の利用
 化学総連が収集した組織・個人情報の利用は、その目的達成に向けた事業活動の円滑な運営(諸会議連絡や資料等の郵送など)のために行う。

(3)組織・個人情報の使用・開示
 化学総連は当該組合あるいは本人の同意なしに、情報処理等の業務委託先以外の第三者および目的以外に、組織・個人情報を使用・開示することはない。

(4)組織・個人情報の管理
1 
 化学総連は、組織・個人情報を管理する責任者を置き、不当なアクセスまたは組織・個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩の危険に対して、技術面および組織面において合理的な安全対策を講ずる。
2   化学総連は、組織・個人情報に関する情報処理等の業務を外部(派遣社員、パート含む)に委託することがある。この場合、十分な個人情報の保護水準を提供できる者を選定し、契約により、組織・個人情報に関する秘密保持、再提供の禁止等、情報の漏洩のないよう必要事項を取り決めるとともに適正な管理を実施させる。

(5)基準の見直し
 化学総連は、「組織・個人情報」に関して適用される法令、規範を遵守するとともに、上記各項における取り組みをより適正なものとするよう適宜見直し改善していく。
Copylight(C) Japanese Federation of Chemical Workers' Unions. All rights reserved.